Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター

日本環境衛生センター(日環センター)は、同法人で利用するサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同法人によれば、9月2日未明に外部よりサイバー攻撃を受けたもので同日認知した。影響を受けた可能性があるサーバを停止し、ネットワーク回線を遮断。影響の範囲などの特定を進めている。

システムの停止にともない、同団体では一時メールを受信できない状態となっていたが、別のシステムを導入。メールの運用については再開したという。

不正アクセスの具体的な内容や被害の範囲、情報が流出した可能性の有無については明らかにしていない。本誌では同法人に取材を求めたが、9月17日の時点で調査中のため回答は差し控えるとしてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性