Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念

約4割のインターネット利用者が、親のインターネット利用に不安を感じていることがわかった。家族の手助けを欲している高齢のインターネットユーザーも少なくないという。

Avast Softwareが6月に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。日本の回答者1011人を含む世界17カ国のインターネット利用者1万6147人が回答した。

同調査によれば、39%が親のインターネット利用に不安を感じていると回答。祖父母に関しては52%と半数以上が不安であると答えた。懸念されるリスクとしては、親に関しては44%、祖父母では28%が「詐欺メール」を挙げている。

インターネットの利用時間は、インターネットに対する自信と相関関係にあり、年齢層が上がるにつれ、自信があるとするユーザーの割合は低下する傾向が見られた。

仕事以外でインターネットを1日あたり3時間以上利用するとの回答は18歳から24歳で51%にのぼる一方、65歳以上では37%に低下。60歳以上の40%がインターネットにおける作業を家族に助けてほしいと思っているという。

日本人の88%が、インターネットに関して助けを求める際に相手への負担を気にしていた。一方手助けした側は「人の役に立ててうれしい(41%)」「評価されていると感じる(41%)」「満たされた気持ちになる(23%)」と好意的に受け止めており、両者にギャップが見られたという。

(Security NEXT - 2021/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録