Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず

JTBは、北米の複数グループ会社が利用するサーバがサイバー攻撃を受けた問題で、調査結果を明らかにした。一部アカウントが不正アクセスを受け、システムに侵入されたという。

今回の問題は、同社グループ会社である米JTB USAが米国内で運用するサーバ上で稼働していたJTB Americasの社内向けシステムが不正アクセスを受けたもの

米国本土やカナダ向けのシステムで、同サーバを利用する米国2社にくわえて、カナダのJTB Internationalなども影響を受けた。またJTBでは、国内の海外企画旅行商品で米国本土やカナダを旅行した顧客も影響を受けた可能性があるとして、8月18日に事態を公表している。

本誌取材に対し、JTBは今回の問題について、特定のアカウントが不正アクセスを受けたと説明。同アカウントの侵害にともない、JTB Americasの社内ネットワークに対しても不正アクセスが行われたという。

第三者によりアカウントの認証情報が窃取された経緯はわかっていない。

(Security NEXT - 2021/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明
ヘアアクセサリ通販でクレカ情報4538件が流出 - 9割超は不正カード情報