Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大

九州歯科大学は、教員が利用する「Microsoft 365」のメールアカウントが不正アクセスを受け、大量の迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同大によれば、8月20日7時11分から23日8時44分にかけて、同大教員が利用するメールアカウント1件が不正アクセスを受け、迷惑メールが学内外に送信されたもの。

大量のリターンメールが届いていたことから、8月23日朝にアカウントを利用する教員が被害に気が付き、同大CSIRTで情報を共有、対応にあたった。

ログを確認したところ送信されたメール3万9088件のうち、1万9743件が送信に成功していた。メールは「当選通知」を装うものやレジャーに関する内容を記載したものと見られ、URLなども含まれるという。

アカウントが不正アクセスを受けた原因はわかっていない。今回の攻撃では、スパム送信に利用された形跡のみ確認されており、「Microsoft 365」の他サービスに対する不正なログインや作業履歴は確認されておらず、個人情報の流出については否定している。

同大では、同大から不審なメールを受信した場合は、リンクは開かずにメールごと削除するよう注意喚起を実施。認証の強化やセキュリティに関する職員研修など実施し、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2021/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
パスワード管理ソフト「LastPass」に不正アクセス - 開発情報が流出
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大