Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JICA関係者をかたる詐欺メールに注意 - 金銭や個人情報を要求

国際協力機構(JICA)は、同機構の関係者をかたったメールやSMS(ショートメッセージサービス)が出回っているとして注意を呼びかけた。

同機構によれば、同機構の関係者を名乗り、支援金受け取りのための手数料や、振込先の情報を要求するメールやSMSが複数確認されているという。

同機構関係者を名乗るメールやSMSを受け取った場合も、発信元や内容に心当たりのない場合は、添付ファイルや本文中のリンクを開かずに、メールごと削除するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2021/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも