Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「水道料金滞納」「給水停止」と不安煽る水道局装うSMS

東京都は、「滞納した水道料金がある」などと不安を煽り、URLをクリックさせるフィッシング攻撃が確認されているとして注意を呼びかけた。

「SMS(ショートメッセージサービス)」を悪用したいわゆる「スミッシング攻撃」が確認されたもの。都によれば、問題のメッセージでは「東京都水道局」を名乗り送信されていた。

メッセージには、「東京水道局給水停止前通知:滞納した水道料金がございます。」などと記載。不安を煽って無関係のURLへアクセスさせようとしていた。文面には複数のパターンが確認されているという。

都では水道局よりこうした案内のSMSを送信することはないと説明。URLにアクセスしないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
サイトに脆弱性攻撃、会員メールアドレスが流出した可能性 - マリンネット
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
アイドルコンテストのX公式アカウントが乗っ取り被害