Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社

パソナの子会社でコールセンター事業を手がけるビーウィズは、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、端末内部の個人情報が暗号化されたことを明らかにした。原因や流出の痕跡について調査を進めている。

同社によれば、5月19日に同社内のネットワークで、パソコン1台やサーバ内部のデータがランサムウェアにより暗号化される被害が発生したもの。

内部ネットワークでアクセスしずらい状態が発生し、調査を行ったところ被害が判明した。端末にはランサムウェアが生成したと見られる脅迫ファイルが残されていたという。

暗号化されたデータには、2013年以降に同社アルバイトの求人に応募した1万5421人分の氏名、応募時の年齢、合否判断、面接者の所見が保存されていた。また同社従業員9375人分の氏名、勤務時間、給与情報などの個人情報が含まれる。

求人データについては、普段より社内管理の一環としてパスワードを設定しており、パスワード設定済みのファイルが、ランサムウェアにより暗号化された。

(Security NEXT - 2021/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース