Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD

東京海上ホールディングスは、シンガポールのグループ会社がランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、シンガポールにあるグループ会社のTokio Marine Insurance Singaporeが、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたもの。

7月31日に同社がシステムの運用を委託しているベンダーや、セキュリティ監視を行っているベンダーより、「不正アクセスを受けている可能性がある」との連絡があり、問題が判明した。

サーバやパソコンなど複数の端末がランサムウェアにより暗号化され、端末内部には、攻撃者にコンタクトを取るよう求める「脅迫文」が残されていたという。

(Security NEXT - 2021/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明
業務関連データがランサム暗号化、外部流出か - オリコンサル
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら