Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県

神奈川県は、高校等就学支援金の一部認定通知書が、本来の送付先とは異なる生徒に対して誤送付されたことを明らかにした。

同県によれば、支給決定通知書の印刷や封入業務を委託している業者より認定通知書と支給決定通知書を同封して発送しているが、8月6日に発送した通知書において、一部の封筒に別の生徒の認定通知書を封入するミスがあったという。

受領した封筒に別人の通知書が入っていたとの指摘があり、問題が発覚。委託業者に確認したところ、約100件の通知書において誤送付が発生している可能性があることが判明した。

同県では、対象となる関係者に対して電話で謝罪。委託業者ではあらたに通知書を印刷し、県教育委員会の謝罪文を添えてあらためて送付するとともに、誤って送付した通知書を回収する。

(Security NEXT - 2021/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築工事費調査で別人の調査票を重複して誤封入 - 国交省
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収 - 伊勢崎市民病院
看護職員修学資金の書類を異なる宛先に送付 - 静岡県
顧客に送付した書類に異なる顧客の電話番号 - 秋田県信用組合
配当金計算書で封入ミスが発生した可能性 - THK
乳幼児身体発育調査の協力依頼文書を誤送付 - 東広島市
個人情報含む母校訪問計画書を別高校に誤送付 - 岡山大
住民票などの文書を別事業所へ誤送付 - 全国土木建築国保
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市