Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響

同社事業における製造や販売業務に関しては、8月6日の時点でほぼ通常どおり稼働しており、大きな影響は出ていないという。障害における業績への影響も、第2四半期業績予想の修正には至らないと見込んでいる。

一方、障害が発生した一部基幹システムについては、復旧の目処が立っておらず、復旧後も停止期間中に処理できなかった経理処理やデータの整合性の確認など対応も必要となることから、決算発表までには時間を要する可能性がある。

また障害の影響は、同社のシステムを利用する連結子会社のオーケー食品工業にも広がっており、同社でも同様に決算発表の延期を発表した。延期先の決算発表日については両社ともに決定次第、公表する予定。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足