Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも

保護者の58.9%、教員の29.9%が、子どもが受け取った端末に施されているセキュリティ対策を把握していなかった。

端末の安全利用にあたり、子どもに対して教えた内容を尋ねたところ、「アプリを勝手にインストールしないよう教える」が33.3%でトップ。「ID、パスワードは他人に教えてはいけないことを教える」が31.9%、「自身や友人の個人情報をむやみに公開したり、知らない人に送付してはいけないことを教える」が30.5%と僅差で続いた。

また教員に学校における安全教育の内容を尋ねたところ、「ID、パスワードは他人に教えてはいけないことを教える」が45.3%、「成人向けや暴力、違法行為など不適切なウェブサイトを閲覧してはいけないことを教える」が43.2%、「他人のID、パスワードを勝手に利用して、他人のアカウントにログインしてはいけないことを教える」が38.9%だった。

(Security NEXT - 2021/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正