Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES

プレスリリースの配信代行サービスを手がけるPR TIMESは、配信前の一部プレスリリースや関連データが外部の第三者に取得されていたことを明らかにした。

同サービスは、1カ月あたり約2万件を配信しているプレスリリースの配信代行サービス。約5万社が登録している。

同社によると、13社14アカウントが発行する予定だった未発表のプレスリリース230件に関連する画像ファイルを含んだ圧縮ファイル230件や、13社のうち4社のプレスリリース28件に関連するPDFファイル28件が、5月4日から7月6日にかけて国内の無関係なIPアドレス1件よりアクセスされ、取得されていたことが判明したもの。

プレスリリース発行前の情報が、ソーシャルネットワークサービス(SNS)上に公開されているとの報告が利用者より寄せられ、調査を行ったところ問題が判明したという。

対象ファイルは、下書きや未発表の状態でもアクセス制限がかかっておらず、URLを直接指定すればアクセスできる状態で、URLに一定の法則があったことから第三者によって推測されたものと見られる。

(Security NEXT - 2021/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も