Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでメアド流出、偽メール送信も - ゴルフ専門チャンネル

ゴルフ番組の専門チャンネル「ゴルフネットワーク」のメールサービスが不正アクセスを受けたことがわかった。会員のメールアドレスが流出したほか、迷惑メールの配信に悪用されたという。

JCOMの子会社で同チャンネルを運営するジュピターゴルフネットワークによれば、同チャンネルでメールニュースの配信に利用するメール配信システムが不正アクセスを受けたもの。

7月6日14時、15時ごろの2度にわたり不正アクセスがあり、システムに登録されたメールアドレス約4万件がダウンロードされた。さらに13時半ごろから15時ごろにかけて3回、同システムよりクレジットカード会社を装う迷惑メールが送信されたという。

同日16時ごろ、メール配信を委託している事業者から迷惑メールの配信を確認し、メール配信サービスを停止したとの連絡が同社にあり、調査を行ったところ被害が判明した。

今回の問題を受けて同社では、対象となる顧客に対し、経緯を報告するとともに謝罪。メールニュースの配信は、原因を特定、修正するまで一時停止するとしている。

(Security NEXT - 2021/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン