Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PrintNightmare」のCVSS基本値は「8.8」 - アップデート開発中

「Windows印刷スプーラーサービス」にゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」が明らかとなった問題で、マイクロソフトは共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のスコアを「8.8」と評価した。

同脆弱性は、「Windows印刷スプーラーサービス」に明らかとなった脆弱性。当初、6月の月例パッチで修正された「CVE-2021-1675」として議論されていたが、マイクロソフトは異なる脆弱性として、CVE番号「CVE-2021-34527」を割り当てるとともに調査を進めている

同社は、保留していた「CVSSv3.0」のベーススコアについて計算結果を公表。「8.8(AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H)」と評価した。

同脆弱性は、「Windows印刷スプーラーサービス」が有効になっており、リモートより関数「RpcAddPrinterDriverEx」を呼び出すことができるユーザーによって、SYSTEM権限でコードを実行されるおそれがある。

権限なしに脆弱性の悪用はできないものの、デフォルトでは「Authenticated Users」が「Pre-Windows 2000互換アクセス」にネストされており、ドメイン参加者でさえあれば攻撃をすることが可能だという。またドメインコントローラー以外の環境においても、「ポイントアンドプリント」が有効化された環境などが影響を受けるおそれがある。

(Security NEXT - 2021/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応