Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PrintNightmare」のCVSS基本値は「8.8」 - アップデート開発中

同社は回避策として、「Windows印刷スプーラーサービス」の実行状況を調べた上で、同サービスの無効化、グループポリシーによって外部からのリモート印刷を無効化することなどをアドバイザリで示した。

さらにセキュリティアドバイザリを更新して緩和策を公開。ネストされたグループを含め、特定グループのメンバーシップを確認し、可能な限りメンバーシップを絞り込むことで、攻撃対象領域を縮小させることができるとし、可能な場合はグループを空に設定するよう求めている。

今回の脆弱性は、ドメインコントローラーが特に影響を受けるが、脆弱性そのものはすべてのWindowsに存在。同社では、セキュリティ更新プログラムの準備を進めており、互換性を確認し、一定の品質基準を確保次第、リリースする予定。

同社が緩和策において示した特定グループは以下のとおり。

Administrators
Domain Controllers
Read Only Domain Controllers
Enterprise Read Only Domain Controllers
Certificate Admins
Schema Admins
Enterprise Admins
Group Policy Admins
Power Users
System Operators
Print Operators
Backup Operators
RAS Servers
Pre-Windows 2000 Compatible Access
Network Configuration Operators Group Object
Cryptographic Operators Group Object
Local account and member of Administrators group

(Security NEXT - 2021/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性