Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PrintNightmare」のCVSS基本値は「8.8」 - アップデート開発中

同社は回避策として、「Windows印刷スプーラーサービス」の実行状況を調べた上で、同サービスの無効化、グループポリシーによって外部からのリモート印刷を無効化することなどをアドバイザリで示した。

さらにセキュリティアドバイザリを更新して緩和策を公開。ネストされたグループを含め、特定グループのメンバーシップを確認し、可能な限りメンバーシップを絞り込むことで、攻撃対象領域を縮小させることができるとし、可能な場合はグループを空に設定するよう求めている。

今回の脆弱性は、ドメインコントローラーが特に影響を受けるが、脆弱性そのものはすべてのWindowsに存在。同社では、セキュリティ更新プログラムの準備を進めており、互換性を確認し、一定の品質基準を確保次第、リリースする予定。

同社が緩和策において示した特定グループは以下のとおり。

Administrators
Domain Controllers
Read Only Domain Controllers
Enterprise Read Only Domain Controllers
Certificate Admins
Schema Admins
Enterprise Admins
Group Policy Admins
Power Users
System Operators
Print Operators
Backup Operators
RAS Servers
Pre-Windows 2000 Compatible Access
Network Configuration Operators Group Object
Cryptographic Operators Group Object
Local account and member of Administrators group

(Security NEXT - 2021/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性