Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業

ランサムウェアの感染経路については、ログそのものが被害に遭い、ログが保存されているサーバについても立ち上がらなくなったため、解明には至らなかったと釈明。

「Avaddon」は、2020年6月ごろより活動していると見られるランサムウェアで、感染環境に対する暗号化にくわえ、窃取した情報を公開するいわゆる「二重脅迫」を行うことでも知られているが、情報流出について同社は、警察や複数の事業者と相談しているが、確認されていないとしている。

また感染端末には脅迫文が残されていたが、攻撃者と一切連絡を取っておらず、身代金についても支払わない方針で対応を進めたという。

今回の問題を受け、端末におけるマルウェアの駆除、初期化、廃棄のほか、ファイアウォールの再設定などを実施。またメールの運用環境、ウェブサイトの閲覧や私物PCによるテレワークの禁止など、ルールやログの保管期間の見直しをはじめ、セキュリティ強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2021/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース