Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows印刷スプーラー」にゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」 - PoC公開済み

セキュリティ専門家は、6月29日に実証コードの公開を中止したと述べ、「Windows」を最新版へ更新して、「Windows印刷スプーラーサービス」を無効化するよう求めた。しかし、エクスプロイトコードはGitHubなどで依然として公開されており、誰でも入手できる状況となっている。

同脆弱性の判明を受けて、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)やCERT/CCでは、「Windows印刷スプーラーサービス」の無効化を検討するよう注意喚起を実施した。

マイクロソフトでは、外部へ露出する可能性があるとして従来より「ドメインコントローラー」や「Active Directory管理システム」では、グループポリシーオブジェクト(GPO)を使用して印刷スプーラーサービスを無効化する必要があるとのアドバイザリを公開している。

同アドバイザリでは、ドメインコントローラー以外のサーバも同様の攻撃の危険にさらされる可能性があるとしており、セキュリティ機関ではこうしたアドバイザリも参照するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース