Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows印刷スプーラー」にゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」 - PoC公開済み

セキュリティ専門家は、6月29日に実証コードの公開を中止したと述べ、「Windows」を最新版へ更新して、「Windows印刷スプーラーサービス」を無効化するよう求めた。しかし、エクスプロイトコードはGitHubなどで依然として公開されており、誰でも入手できる状況となっている。

同脆弱性の判明を受けて、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)やCERT/CCでは、「Windows印刷スプーラーサービス」の無効化を検討するよう注意喚起を実施した。

マイクロソフトでは、外部へ露出する可能性があるとして従来より「ドメインコントローラー」や「Active Directory管理システム」では、グループポリシーオブジェクト(GPO)を使用して印刷スプーラーサービスを無効化する必要があるとのアドバイザリを公開している。

同アドバイザリでは、ドメインコントローラー以外のサーバも同様の攻撃の危険にさらされる可能性があるとしており、セキュリティ機関ではこうしたアドバイザリも参照するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ