Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化

益茂証券は、同社ウェブサイトより顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。サイト管理システムの認証機能が誤って無効化されていたという。

同社のメールマガジンが届く「メール会員」の申込者840人や、オンライントレードサービス「くりっく365」に申し込んだ49人など重複を除くと顧客845人分の個人情報が同社ウェブサイト内に保存されており、これら情報を第三者によって取得された可能性がある。

「メール会員」では、氏名や性別、メールアドレス、「くりっく365」の申込者に関しては、氏名や生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレス、職業、銀行口座、資産情報、投資の動機や目的、方針、取引経験などの情報が含まれる。

アクセスログより、5月22日以降に個人情報がアクセスされた痕跡は確認されていないが、5月21日以前のアクセス状況はわかっておらず、調査を進めている。

同社によれば、最初に異常へ気がついたのは6月2日。ウェブサイトにおいて本来表示されるべき情報が表示されておらず、調べたところ、前月5月22日に同サイトのフォーム上から、機械的にメール会員の申し込みが大量に行われていたことが判明した。

(Security NEXT - 2021/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
公表資料の墨塗り処理に不備、秘匿情報が閲覧可能に - 新潟大
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
名義変更ハガキを旧名義人に誤送付、システム不備で - 東電EP
「看板商品創出事業」で情報流出、アクセス権限の設定漏れで - 観光庁
自転車防犯登録カード535件が未登録、一部が所在不明 - シナネンHD子会社
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備