Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入

サーバはデータセンターで運用しており、システムの復旧を試みたものの、復旧は難しい状態で、現在利用していた2店舗において、顧客が3月に行ったチャージ金額がわからない状況となっている。

同社は、外部事業者による調査を実施。今回の不正アクセスにあたり、サーバと外部とのアクセスに用いる「暗号鍵」が何らかの方法で特定されたと説明。「暗号鍵」を用いていた機器やソフトウェアなどは明らかにしていない。また特定に至った原因についてもわかっていないという。

サーバに感染したランサムウェアの種類は判明しているが、「開示すると再び攻撃を受ける可能性があるため、公開は控える」とし、コメントを避けた。外部事業者からは、情報の窃取を行わないランサムウェアであるとの報告を受けたとしている。

脅迫メッセージにデータの窃取をほのめかす内容はなく、5月18日の時点で外部サイトにおける情報の公開なども確認されていない。同社は今後も当面、サーバ内の情報が外部に公開されていないか引き続き調査を実施していく方針。

4月14日に個人情報保護委員会に報告。6月4日に警察へ相談を行った。6月15日には、個人情報保護委員会に追加の報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開