Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入

大和ハウスグループでスポーツクラブやエステサロンなどを展開するスポーツクラブNASは、外部から不正アクセスを受け、一部店舗の会員管理システムで障害が発生したことを明らかにした。

同社によると、データセンターで運用する複数あるサーバのうち2台が、4月2日にランサムウェアを用いてすべてのデータを暗号化される被害が発生した。攻撃者によって暗号化されたデータを復旧するための復号ツールを購入するよう要求する脅迫メッセージがサーバに残されていたという。

被害が発生したサーバ内には、9店舗の顧客15万84人分の個人情報が保存されていた。7店舗に関しては2014年以前に運用していたシステムで、今回被害が発生したシステムを4月の時点で利用していたのは「スポーツクラブNAS博多」「同大阪ドームシティ」の2店舗のみとしている。

氏名や住所、生年月日、性別、電話番号、会員番号、メールアドレス、緊急連絡先、口座情報、勤務先名、住所、電話番号などが含まれる。

3万4920人に関しては、クレジットカード情報も含まれるが、2014年2月以降は同システムに対して新規登録を行っていないため、いずれも2019年12月までに有効期限を迎えていた。そのほか従業員460人分の氏名、生年月日なども含まれる。

(Security NEXT - 2021/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
なりすましメール発生、ネットバンキングも一時利用不能に - 都留信組
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ