Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入

大和ハウスグループでスポーツクラブやエステサロンなどを展開するスポーツクラブNASは、外部から不正アクセスを受け、一部店舗の会員管理システムで障害が発生したことを明らかにした。

同社によると、データセンターで運用する複数あるサーバのうち2台が、4月2日にランサムウェアを用いてすべてのデータを暗号化される被害が発生した。攻撃者によって暗号化されたデータを復旧するための復号ツールを購入するよう要求する脅迫メッセージがサーバに残されていたという。

被害が発生したサーバ内には、9店舗の顧客15万84人分の個人情報が保存されていた。7店舗に関しては2014年以前に運用していたシステムで、今回被害が発生したシステムを4月の時点で利用していたのは「スポーツクラブNAS博多」「同大阪ドームシティ」の2店舗のみとしている。

氏名や住所、生年月日、性別、電話番号、会員番号、メールアドレス、緊急連絡先、口座情報、勤務先名、住所、電話番号などが含まれる。

3万4920人に関しては、クレジットカード情報も含まれるが、2014年2月以降は同システムに対して新規登録を行っていないため、いずれも2019年12月までに有効期限を迎えていた。そのほか従業員460人分の氏名、生年月日なども含まれる。

(Security NEXT - 2021/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に