Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入

大和ハウスグループでスポーツクラブやエステサロンなどを展開するスポーツクラブNASは、外部から不正アクセスを受け、一部店舗の会員管理システムで障害が発生したことを明らかにした。

同社によると、データセンターで運用する複数あるサーバのうち2台が、4月2日にランサムウェアを用いてすべてのデータを暗号化される被害が発生した。攻撃者によって暗号化されたデータを復旧するための復号ツールを購入するよう要求する脅迫メッセージがサーバに残されていたという。

被害が発生したサーバ内には、9店舗の顧客15万84人分の個人情報が保存されていた。7店舗に関しては2014年以前に運用していたシステムで、今回被害が発生したシステムを4月の時点で利用していたのは「スポーツクラブNAS博多」「同大阪ドームシティ」の2店舗のみとしている。

氏名や住所、生年月日、性別、電話番号、会員番号、メールアドレス、緊急連絡先、口座情報、勤務先名、住所、電話番号などが含まれる。

3万4920人に関しては、クレジットカード情報も含まれるが、2014年2月以降は同システムに対して新規登録を行っていないため、いずれも2019年12月までに有効期限を迎えていた。そのほか従業員460人分の氏名、生年月日なども含まれる。

(Security NEXT - 2021/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ