Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー

道路向けコンクリート製品の製造などを手がけるイトーヨーギョーは、同社サーバが外部から不正アクセスを受け、ランサムウェアによる被害が発生したことを明らかにした。

6月10日早朝に外部からの不正アクセスを確認したもの。ランサムウェアを用いており、同社サーバ1台が被害に遭った。サーバに保存されていた情報の外部公開などは確認されていないという。

不正アクセスの判明を受けて同社は、サーバやパソコンなどを一時停止し、ネットワークについても遮断していたが、安全を確認できた機器やネットワークなどの稼働を再開。被害に遭ったサーバについてもすでに復旧しており、6月17日の時点で業務への影響は出ていないとしている。

今回の問題を受け、同社では警察や所管省庁へ報告しつつ、対応を進めている。同社は、不正アクセスの原因やランサムウェアによる脅迫の状況については明らかにしておらず、本誌では同社に取材を求めたがコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社