Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス

金融機関向けにオンライントレードシステムを提供しているトレードワークスは、一部利用者のASPサービスが不正アクセスを受けた問題で情報流出を示唆する痕跡は確認できなかったとする調査結果を発表した。

4月25日夜にASPを利用する1社が不正アクセスを受けたもの。同問題を受け、同社では複数のセキュリティ事業者による支援のもと、原因や情報流出について調査を実施してきたと説明した。

同システム内に持ち出し可能となっていたデータは存在したが、6月10日時点において外部へデータが転送され、流出したことを示す痕跡は確認できず、データベース内の個人情報が持ち出された可能性も低いとの報告を行ったという。

同社は、不正アクセスを受けたのは1社としており、ASPサービスでは顧客ごとに環境を構築しており、顧客間で相互に影響することもないとしている。

同社は、対象となった事業者名について明らかにしていない。同社ソリューションを採用している日産証券が同じく4月25日夜に不正アクセスを受けたことを発表している。

日産証券においてもシステムの事業者名について言及を避けているが、同日確認された不正アクセスについて、トレードワークスと同じタイミングで同様の結果を公表している

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所