Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か

日産証券において、オンライントレードシステムが利用できなくなる障害が発生している。詳細は調査中だが、ランサムウェアによる被害の可能性があるという。

同社によると、4月25日23時ごろよりオンライントレードシステム「株価指数先物取引・オプション取引」「くりっく365」「くりっく株365」で障害が生じているもので、システム会社より報告があり、問題が判明した。

オンライントレードシステムが稼働するウェブサーバ3台で障害が生じており、ランサムウェアが原因の可能性もあるとして調査を進めているという。

同社は、オンライントレードシステムに関するネットワークを遮断。関東財務局へ事態を報告した。被害の影響範囲についても調査中だが、現時点で個人情報や重要情報の流出などは確認されていないと説明している。

システムの復旧に向けて作業を進めているが、具体的な見通しは立っていない。オンライン取引ができない状態となっており、顧客への対応については協議中で、決定次第アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2021/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明
業務関連データがランサム暗号化、外部流出か - オリコンサル
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬