Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か

日産証券において、オンライントレードシステムが利用できなくなる障害が発生している。詳細は調査中だが、ランサムウェアによる被害の可能性があるという。

同社によると、4月25日23時ごろよりオンライントレードシステム「株価指数先物取引・オプション取引」「くりっく365」「くりっく株365」で障害が生じているもので、システム会社より報告があり、問題が判明した。

オンライントレードシステムが稼働するウェブサーバ3台で障害が生じており、ランサムウェアが原因の可能性もあるとして調査を進めているという。

同社は、オンライントレードシステムに関するネットワークを遮断。関東財務局へ事態を報告した。被害の影響範囲についても調査中だが、現時点で個人情報や重要情報の流出などは確認されていないと説明している。

システムの復旧に向けて作業を進めているが、具体的な見通しは立っていない。オンライン取引ができない状態となっており、顧客への対応については協議中で、決定次第アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2021/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東