Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か

日産証券において、オンライントレードシステムが利用できなくなる障害が発生している。詳細は調査中だが、ランサムウェアによる被害の可能性があるという。

同社によると、4月25日23時ごろよりオンライントレードシステム「株価指数先物取引・オプション取引」「くりっく365」「くりっく株365」で障害が生じているもので、システム会社より報告があり、問題が判明した。

オンライントレードシステムが稼働するウェブサーバ3台で障害が生じており、ランサムウェアが原因の可能性もあるとして調査を進めているという。

同社は、オンライントレードシステムに関するネットワークを遮断。関東財務局へ事態を報告した。被害の影響範囲についても調査中だが、現時点で個人情報や重要情報の流出などは確認されていないと説明している。

システムの復旧に向けて作業を進めているが、具体的な見通しは立っていない。オンライン取引ができない状態となっており、顧客への対応については協議中で、決定次第アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2021/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
エスビー食品子会社でランサムウェア被害 - 生産供給に影響なし
自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害
PCR検査のデータ管理システムがランサム被害 - 愛知県
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響