Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か

日産証券において、オンライントレードシステムが利用できなくなる障害が発生している。詳細は調査中だが、ランサムウェアによる被害の可能性があるという。

同社によると、4月25日23時ごろよりオンライントレードシステム「株価指数先物取引・オプション取引」「くりっく365」「くりっく株365」で障害が生じているもので、システム会社より報告があり、問題が判明した。

オンライントレードシステムが稼働するウェブサーバ3台で障害が生じており、ランサムウェアが原因の可能性もあるとして調査を進めているという。

同社は、オンライントレードシステムに関するネットワークを遮断。関東財務局へ事態を報告した。被害の影響範囲についても調査中だが、現時点で個人情報や重要情報の流出などは確認されていないと説明している。

システムの復旧に向けて作業を進めているが、具体的な見通しは立っていない。オンライン取引ができない状態となっており、顧客への対応については協議中で、決定次第アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2021/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
海外子会社がランサム被害、休日返上100人体制で復旧 - 加賀電子
ランサムウェアによるサイバー攻撃で被害 - ボランティア団体
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD