Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ

またあらたな技術開発にも取り組むとしており、インターネットバンキング、ATMにおける不正取引を機械学習により検知する技術を開発中だという。今後実証を経て早ければ1年以内にリリースしたい考えだ。

ラック代表取締役社長の西本逸郎氏は、高度化し、勢いを増す金融犯罪に対応するには、従来取り組んできたサイバーセキュリティ対策だけでは足りず、関係機関と連携しながら対応していく必要があると説明。

センター長には、これまでに金融機関で金融犯罪対策に取り組んできた経験を持つ小森美武氏が着任。十数人規模でスタートし、新技術の開発など同社内における連携を含めると、すでに30人から50人ほどが同センターの活動に関与しているという。

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か