Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ

ラックは、金融犯罪対策サービスを提供する「金融犯罪対策センター(FC3)」を5月1日に同社内に設置し、6月1日より活動開始した。

20210602_la_001.jpg
記者会見に登壇したラックの西本氏(画面右)と小森氏(同左)

同組織では、金融機関や資金決済サービス事業者など、金融関連サービスを展開する事業者に向けてデジタル面における対策ソリューションの検証や導入支援などを提供するほか、関連技術の開発、啓発活動などを展開していく。

具体的には、フィッシング被害やなりすまし被害の防止対策をはじめ、多要素認証の導入など認証サービスの高度化などを支援。「eKYC」や「FIDO」などの認証サービスにも取り組む。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)とも連携。最新の金融犯罪手口情報について提供を受けるほか、JC3には対策情報を提供することで金融業界全体に向けて情報を発信していく。

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
暗号資産交換業者への不正送金対策を強化 - 金融庁ら
Ivanti製VPNに対する脆弱性攻撃の被害が拡大 - 少なくとも1700件の侵害
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
2023年3Qの不正送金 - 被害額が約1.5倍に拡大
2022年末にサイバー攻撃、従業員情報流出の可能性 - パナソニックグループ会社
不正送金被害が前年比5倍と過去最悪 - 年末年始もフィッシング攻撃に警戒を
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
「読売新聞オンライン」の偽サイト - 著名人画像の広告で誘導