Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ

ラックは、金融犯罪対策サービスを提供する「金融犯罪対策センター(FC3)」を5月1日に同社内に設置し、6月1日より活動開始した。

20210602_la_001.jpg
記者会見に登壇したラックの西本氏(画面右)と小森氏(同左)

同組織では、金融機関や資金決済サービス事業者など、金融関連サービスを展開する事業者に向けてデジタル面における対策ソリューションの検証や導入支援などを提供するほか、関連技術の開発、啓発活動などを展開していく。

具体的には、フィッシング被害やなりすまし被害の防止対策をはじめ、多要素認証の導入など認証サービスの高度化などを支援。「eKYC」や「FIDO」などの認証サービスにも取り組む。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)とも連携。最新の金融犯罪手口情報について提供を受けるほか、JC3には対策情報を提供することで金融業界全体に向けて情報を発信していく。

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
市役所出張所で対応した納付書控が所在不明 - 蒲郡信金
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
3割強の郵便局で顧客情報が所在不明、約21万4000人分 - 日本郵便
「住友生命」の契約者狙うフィッシング - 出金手続き行えるポータルを標的に
委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス