Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ

ラックは、金融犯罪対策サービスを提供する「金融犯罪対策センター(FC3)」を5月1日に同社内に設置し、6月1日より活動開始した。

20210602_la_001.jpg
記者会見に登壇したラックの西本氏(画面右)と小森氏(同左)

同組織では、金融機関や資金決済サービス事業者など、金融関連サービスを展開する事業者に向けてデジタル面における対策ソリューションの検証や導入支援などを提供するほか、関連技術の開発、啓発活動などを展開していく。

具体的には、フィッシング被害やなりすまし被害の防止対策をはじめ、多要素認証の導入など認証サービスの高度化などを支援。「eKYC」や「FIDO」などの認証サービスにも取り組む。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)とも連携。最新の金融犯罪手口情報について提供を受けるほか、JC3には対策情報を提供することで金融業界全体に向けて情報を発信していく。

(Security NEXT - 2021/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
新型コロナ対応融資を行う金融機関宛てのメールで誤送信 - 山口県
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少