Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」に外部ライブラリに起因するXSS脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が明らかとなった。

コア部分にて採用している外部ライブラリのHTMLエディタ「CKEditor」に起因するクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が明らかとなったもの。同エディタのHTMLにおけるパース処理に不備があり、同エディタを有効化している場合に脆弱性の影響を受けるという。

脆弱性の重要度は、5段階中、上から3番目にあたる「Moderately Critical」とレーティング。「CKEditor」では、「同4.16.1」以降で修正が実施されており、開発チームでは「Drupal 9.1.9」「同9.0.14」「同8.9.16」にて対応した。

またモジュールなど、コア以外で同ライブラリを活用している場合は、それぞれで修正する必要があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「TYPO3」向けのパスワード変更機能拡張に脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Ibexa DXP」「eZ Platform」に脆弱性 - PWハッシュ漏洩のおそれ
「Joomla」に2件の脆弱性 - アップデートで解消
「bingo!CMS」に脆弱性、至急更新を - すでに悪用も
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「PukiWiki」にパストラバーサルなど複数の脆弱性