Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会

攻撃を受ける原因となったのは、同サイトで利用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)「Wordpress」のインストール用ファイル。

外部から参照できる状態で、攻撃者が同ファイルを悪用して管理権限を有するあらたなサイトを開設。同サイトの管理画面より踏み台用のスクリプトが設置されたという。

不正アクセスを受けたサーバについては、2020年8月13日に通信を遮断。同会では従来のサイトを閉鎖してあらたなサイトへ移行し、外部業者に対する委託のもと運営するとしている。

また個人データの管理を徹底し、名簿業者へのデータ提供方法を厳格化したほか、事務局内におけるデータ保存を禁止した。

記事に関するお知らせ:閲覧可能となっていた会員情報について在学当時の情報であることを追記しました

(Security NEXT - 2021/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明