Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye

ファイア・アイは、サイバーフィジカルシステムの脅威に関するデータおよび分析結果を提供するサブスクリプションサービスを提供開始した。

「FireEye Cyber Physical Threat Intelligence」は、産業制御システムやIoT機器をはじめ、サイバーフィジカルシステムにおける脅威データや分析情報を提供するサブスクリプションサービス。

同社が提供するインシデントレスポンスサービスや、同社が運用するセンサーなどで収集した調査結果などを踏まえ、脆弱性の警告のほか、脅威の主体、戦術、活動、マルウェア、洞察など脆弱性を標的とする攻撃者の情報を提供する。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ