Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye

ファイア・アイは、サイバーフィジカルシステムの脅威に関するデータおよび分析結果を提供するサブスクリプションサービスを提供開始した。

「FireEye Cyber Physical Threat Intelligence」は、産業制御システムやIoT機器をはじめ、サイバーフィジカルシステムにおける脅威データや分析情報を提供するサブスクリプションサービス。

同社が提供するインシデントレスポンスサービスや、同社が運用するセンサーなどで収集した調査結果などを踏まえ、脆弱性の警告のほか、脅威の主体、戦術、活動、マルウェア、洞察など脆弱性を標的とする攻撃者の情報を提供する。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト