Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)とセキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)は、「セキュリティフォーラム2021 オンライン」を6月9日に開催する。

同フォーラムは、ウィズコロナ時代のITテクノロジー活用における現状と課題を整理し、セキュリティに関する知識のさらなる浸透を目指したオンラインイベント。

基調講演には、横浜国立大学准教授の吉岡克成氏が登壇。サイバー攻撃の観測結果を活用し、一般ユーザーが自身のマルウェア感染や脆弱性の有無を確認できるサービスの実現に向けた取り組みを紹介する。

また東京電機大学客員教授でJSSEC代表理事を務める佐々木良一氏による特別講演「PPAPの廃止とその対策に関する考察」のほか、両団体の成果報告などを予定している。

会員企業だけでなく、一般ユーザーも参加することが可能。参加費は無料で、事前登録が必要となる。詳細や申し込みは、イベントサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも