Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局

大阪市は、消防局において防災管理講習の受講予定者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、4月23日17時半ごろ送信した「緊急事態宣言における防火、防災管理等講習の開催について」の案内メールにおいて送信ミスが発生したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、講習受講予定者のメールアドレス365件が受信者間に表示された状態となった。

送信から2時間後にメールの受信者から連絡があり、問題を把握。同局では対象となる受講予定者にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ