Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県

埼玉県は、同県の「公文書検索・閲覧システム」に、個人情報含む文書2件を誤って掲載したことを明らかにした。

同県によれば、賃貸型応急住宅および県営住宅に一時入居している住民の個人情報を含む文書2件が、同システムにおいて閲覧できる状態になっていたもの。

誤掲載された文書のひとつは、「新型コロナウイルス感染拡大の影響による解雇等により県営住宅等に一時入居している者の延長手続等について」。2020年12月14日以降、2021年4月19日まで掲載されていたという。県営住宅入居者5人の氏名入居する県営住宅の名称、住戸番号などが含まれる。

また4月12日から同月19日にかけて、別の文書「令和元年東日本台風における賃貸型応急住宅の供与延長協議について」を誤掲載していた。入居者6世帯分の世帯員18人に関する氏名、住所、関係者4人の氏名のほか、入居者の電話番号10件、関係者の電話番号5件などが記載されている。

職員が誤って公開されていることに気づき、対象の文書から個人情報が含まれるファイルを削除した。個人情報が掲載された入居者に対しては、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス