Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から

20210415_ip_002.jpg

一定要件をクリアした低価格の中小企業向けセキュリティサービスを登録する「サイバーセキュリティお助け隊サービス審査登録制度」がスタートした。初回審査をクリアした5社のサービスが登録となり、4月より順次サービスを開始する。

同制度は、中小企業において不可欠なセキュリティサービスをパッケージ化し、一定要件をクリアしたサービスについて「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として登録するもの。情報処理推進機構(IPA)が登録管理を行い、登録を受けたサービスは、ブランドや「サイバーセキュリティお助け隊マーク」などを利用してサービスを展開できる。

登録には、2021年2月に策定された「サイバーセキュリティお助け隊サービス基準」をクリアする必要がある。具体的には、相談窓口の設置や異常監視、緊急時の対応支援、簡易サイバー保険などをワンパッケージで提供することが求められる。

20210415_ip_003.jpg
サイバーセキュリティお助け隊サービス制度の概要(図:IPA)

(Security NEXT - 2021/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア