Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP

セントラル警備保障は、中小企業向けにUTMによるネットワーク監視と駆けつけサービスを組み合わせた新サービス「CSPサイバーガード」を提供開始した。

同ソリューションは、レンタルにより提供するNEC製UTMを用いたネットワーク監視に、同社の駆け付けサービスを付帯したもの。UTMにてサイバー攻撃や不審な通信を検知した際にインシデントの重要度により、「高」「中」「低」と3段階のアラートをメールで通知する。

「高」については、利用企業からの要請に基づいて現地へ駆けつけ、インシデントが発生しているパソコンの特定やネットワークからの切り離しなどをサポート。駆けつけ費用を年1回まで補償する簡易サイバー保険も付帯している。

料金は月額9800円(税別)。サービス提供対象エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県だが、今後は全国へ拡大を予定している。

(Security NEXT - 2022/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ソフォス、ファイアウォールの導入支援サービス
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援