Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定

情報処理推進機構(IPA)は、国内外の情報セキュリティに関するトピックを紹介する年次白書「情報セキュリティ白書2022」を7月15日に発売する。

国内外の脅威状況、インシデントや被害の実態、政策動向など、情報セキュリティに関する概況を解説した資料。2008年から毎年発行している。

最新刊では、セキュリティ分野の最新動向を踏まえ、内部不正防止対策の動向、改正個人情報保護法、クラウドのセキュリティにフォーカス。米国や欧州の政策、中小企業に向けたセキュリティ支援策といったトピックも盛り込んだ。

書籍はA4判、ソフトカバーで価格は2200円(税込)。ISBNは「978-4-905318-77-4」。毎年無料で公開しているPDF版についても、同日公開する予定。

(Security NEXT - 2022/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施