Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」

インターネットテクノロジーをテーマとした総合イベント「Interop Tokyo 2021」が4月に開催される。2年ぶりとなる会場開催を軸に、オンラインイベントを組みあわせたハイブリッド開催となる。

「Interop Tokyo」は、「相互接続性(Interoperability)」を実際に検証し、来場者が稼働する環境を目撃できる場として1994年にスタート。最新機器やサービスの展示のほか、数年後に浸透する技術を先駆けて実装した実証環境「ShowNet」などを展開。インターネットテクノロジーに関する最先端の情報を発信している。

前回は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、毎年開催してきた幕張メッセでの展示を見送り、初のオンライン開催となった。28回目となる今回は、2年ぶりにリアルイベントが復活。幕張メッセにおいて、4月14日から16日まで3日間の日程で開催を予定している。

今回のテーマは「Now or Never~DX:今・やる!」。「DX(デジタルトランスフォーメーション)」への移行が加速する状況を踏まえ、働き方改革など含めたビジネスや生活においてインターネットをどう活用するか、最先端技術を紹介する。

また「フェーズ01」と銘打ったリアルイベントを軸に、オンラインイベントとなる「フェーズ02」を4月19日から23日まで実施。さらに「Interop Tokyoカンファレンス」を6月9日から23日までオンラインで開催する。

さらに同イベントにあわせ、「デジタルサイネージ ジャパン2021」「ロケーションビジネス ジャパン2021」「APPS Japan 2021」を併催する。入場料は無料。来場の申し込みなど、詳細はイベントのページから。

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート