Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増

2020年第4四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は、72億5000万円だった。前四半期から約2割増加している。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に、銀行、信販会社、流通におけるクレジットカード事業者、中小の小売団体など44社を対象に不正使用被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は72億5000万円。前四半期の59億1000万円から22.7%増となった。被害額の内訳を見ると、全体の92.6%を占める番号盗用被害が67億1000万円で、前四半期から24.0%増加している。

クレジットカードにおける被害全体において、番号の盗用に起因する被害は、2019年以降、80%を超える状況が続いているが、特に2020年第2四半期以降は、90%以上とより高い割合で推移している。

20210402_jc_001.jpg
日本クレジット協会の発表より本誌が独自に作成

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート