Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増

2020年第4四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は、72億5000万円だった。前四半期から約2割増加している。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に、銀行、信販会社、流通におけるクレジットカード事業者、中小の小売団体など44社を対象に不正使用被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は72億5000万円。前四半期の59億1000万円から22.7%増となった。被害額の内訳を見ると、全体の92.6%を占める番号盗用被害が67億1000万円で、前四半期から24.0%増加している。

クレジットカードにおける被害全体において、番号の盗用に起因する被害は、2019年以降、80%を超える状況が続いているが、特に2020年第2四半期以降は、90%以上とより高い割合で推移している。

20210402_jc_001.jpg
日本クレジット協会の発表より本誌が独自に作成

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北