Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増

2020年第4四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は、72億5000万円だった。前四半期から約2割増加している。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に、銀行、信販会社、流通におけるクレジットカード事業者、中小の小売団体など44社を対象に不正使用被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は72億5000万円。前四半期の59億1000万円から22.7%増となった。被害額の内訳を見ると、全体の92.6%を占める番号盗用被害が67億1000万円で、前四半期から24.0%増加している。

クレジットカードにおける被害全体において、番号の盗用に起因する被害は、2019年以降、80%を超える状況が続いているが、特に2020年第2四半期以降は、90%以上とより高い割合で推移している。

20210402_jc_001.jpg
日本クレジット協会の発表より本誌が独自に作成

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意