Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増

20210402_jc_002.jpg

番号の盗用による被害を国内外で見ると、国内が51億1000万円で海外が16億円だった。

国内における割合は76.2%で前四半期から1.1ポイント減少したが、2020年第2四半期以降70%を超える傾向が続いている。

一方、偽造カードによる被害は1億3000万円。前四半期の1億2000万円から1000万円増加した。

国内外における内訳を見ると、海外の被害が7000万円で53.8%、国内被害が6000万円で全体の46.2%だった。

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失