Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD

宝ホールディングスは、同社と宝酒造の従業員や家族のマイナンバー含む個人情報を、外部事業者や一部従業員にメールで送信する事故があったことを明らかにした。

同社によれば、あらたな給与システムの導入にともなうマイナンバーデータの移行作業にあたり、従業員が3月18日にダミーデータを送るところ、誤ってマイナンバー含む表計算ファイルを業務委託先である給与システム開発事業者や別の従業員にメールで送信した。

同日、担当者と情報共有している別の従業員がミスに気が付いた。マイナンバーなど実際のデータを含むファイルを使用してダミーデータを作成したが、個人情報を削除し忘れ、ファイル内に残存していたという。

同ファイルには、2016年8月以降に同社および宝酒造に籍を置く従業員やその家族など、あわせて4167人分の氏名、生年月日、性別、マイナンバーなどが保存されていた。すでに退職している従業員なども含まれる。

同社では誤送信先である事業者に連絡を取り、メールおよびファイルの削除を依頼。削除について確認した。対象となる従業員には、報告と謝罪を実施。個人情報保護委員会への報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付通知書を誤送付 - 志摩市
交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
幼稚園の入園願書など紛失、マイナンバー記載 - 京田辺市
マイナンバーカードを紛失、箱ごと誤廃棄か - 阿蘇市
姓など同じ別人のマイナンバーを住民システムに誤入力 - 鎌倉市
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も