Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査

PwCがワールドワイドで実施した調査において、回答したCEOの半数近くが、「サイバー攻撃の脅威」を企業の成長における懸念材料として考えていた。

同社が1月から2月にかけて100の国と地域のCEOを対象に意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。5050人が回答した。

自社の成長見通しに対し、「サイバー攻撃の脅威」について懸念を示したCEOの割合は47%。前年調査の33%から14ポイント増加した。懸念される問題としては、「パンデミックやそのほかの健康危機」に次いで多い結果となった。

特に北米と西ヨーロッパのCEOに限ると、「サイバー攻撃の脅威」「パンデミック」よりも大きな脅威と捉えている。また、「フェイクニュースなどの誤った情報の拡散」は28%で、2020年の16%から12ポイント上昇している。

デジタル投資では、CEOの49%が10%以上の増額を予定していると回答。しかし、デジタル投資の拡大を計画していると答えたCEOのなかで、サイバーセキュリティやデータプライバシーへの支出を10%以上増やす予定であると回答した割合は半数未満だった。

(Security NEXT - 2021/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」