Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大

大阪大学は、学内宿泊施設予約システムが不正アクセスを受けた問題で、利用者の個人情報が流出した形跡はログより見つからなかったことを明らかにした。

同システムを運用するサーバが不正アクセスを受けたことが2020年12月1日に判明し、その後調査を進めていたもの。当初、同システムを利用した4万3213人、のべ4万6630件の個人情報が外部に流出した可能性があるとしていた。

同大によれば、同システムが稼働した2017年4月以前も含めて外部事業者がアクセスログを調査したところ、不正アクセスにより同システムのデータベースが消去されたことが判明した。

アクセスログよりデータベースを消去した操作の痕跡を確認する一方、データをダウンロードしたり、バックドアを設置するといった痕跡はログから見つからなかったという。

同システムは停止しており、同大では、学内宿泊施設の予約について手動で対応している。消去されたデータベースのバックアップはあるものの、今回不正アクセスを受けた同システムは再開せず、今後あらたなシステムの導入について検討を進めている。

(Security NEXT - 2021/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性