Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大

大阪大学は、学内宿泊施設予約システムが不正アクセスを受け、利用者の個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同システムを運用するサーバが不正アクセスを受けたことが12月1日に判明したもの。2017年4月から2020年12月1日までにシステムを利用した4万3213人に関する個人情報のべ4万6630件が外部へ流出した可能性があるという。

同大では同サーバに対するアクセスを遮断。原因について調査を進めるとともに、関係者に対して連絡を取っている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠
サーバに大量のSQLi攻撃、メアド流出か - エフシージー総研
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性