Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出 - 阪大

大阪大学は、学内宿泊施設予約システムが不正アクセスを受け、利用者の個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同システムを運用するサーバが不正アクセスを受けたことが12月1日に判明したもの。2017年4月から2020年12月1日までにシステムを利用した4万3213人に関する個人情報のべ4万6630件が外部へ流出した可能性があるという。

同大では同サーバに対するアクセスを遮断。原因について調査を進めるとともに、関係者に対して連絡を取っている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構