Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大

大阪大学は、学内宿泊施設予約システムが不正アクセスを受け、利用者の個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同システムを運用するサーバが不正アクセスを受けたことが12月1日に判明したもの。2017年4月から2020年12月1日までにシステムを利用した4万3213人に関する個人情報のべ4万6630件が外部へ流出した可能性があるという。

同大では同サーバに対するアクセスを遮断。原因について調査を進めるとともに、関係者に対して連絡を取っている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出