Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信

ハワイ州観光局は、Instagramで同局になりすました偽アカウントが確認されたとして、注意を呼びかけている。キャンペーンの当選連絡を装い、個人情報などをだまし取ろうとしていた。

同局によれば、問題のアカウントでは同局のロゴや紹介文を盗用。正規のアカウントになりすましてキャンペーンの当選連絡を装ったダイレクトメッセージを送信してウェブサイトに誘導し、個人情報やクレジットカード情報の入力を求めていたという。

今回確認された「偽アカウント」では、公式の「@gohawaii_jp」に似せたアカウント名を利用しており、同局では「i」が少ない「gohawai_jp」を利用していたことや、投稿数が少ない、フォロワー数が少ないといった特徴が見られたとしている。

同局では、ダイレクトメッセージによりユーザーへ連絡を取り、クレジットカード番号の入力を促すことはないとして注意を喚起。偽アカウントに注意し、誤ってフォローしてしまった場合はフォローを外してブロックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
分散型グラフデータベース「Apache HugeGraph」に深刻な脆弱性
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み