Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信

ハワイ州観光局は、Instagramで同局になりすました偽アカウントが確認されたとして、注意を呼びかけている。キャンペーンの当選連絡を装い、個人情報などをだまし取ろうとしていた。

同局によれば、問題のアカウントでは同局のロゴや紹介文を盗用。正規のアカウントになりすましてキャンペーンの当選連絡を装ったダイレクトメッセージを送信してウェブサイトに誘導し、個人情報やクレジットカード情報の入力を求めていたという。

今回確認された「偽アカウント」では、公式の「@gohawaii_jp」に似せたアカウント名を利用しており、同局では「i」が少ない「gohawai_jp」を利用していたことや、投稿数が少ない、フォロワー数が少ないといった特徴が見られたとしている。

同局では、ダイレクトメッセージによりユーザーへ連絡を取り、クレジットカード番号の入力を促すことはないとして注意を喚起。偽アカウントに注意し、誤ってフォローしてしまった場合はフォローを外してブロックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも