Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀

イオン銀行は、同行がインターネットのウェブサイトで提供する「来店予約・オンライン相談サービス」でアクセス権限の設定に不備があり、外部よりアクセスを受けたことを明らかにした。

同サービスで利用する外部クラウドサービスにおいて、アクセス権限の設定に不備があり、のべ2062件の顧客情報が外部の第三者によりアクセスされたという。

対象となる個人情報は顧客によって異なるが、姓名など2062件をはじめ、電話番号608件、メールアドレス49件、口座の有無799件のほか、管理番号、来店希望店舗名、相談内容などが含まれる。

同行は、設定に不備があったとされるクラウドサービスや、外部よりアクセスを受けた時期について、「セキュリティの観点から回答を差し控える(同行広報)」として、具体名は明らかにしていない。

2020年12月ごろより他社においてクラウドサービスにおける類似の問題が明らかとなり、金融庁からの注意喚起のもと、独自に調査などを進めていたとしており、セールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce」と見られる。

(Security NEXT - 2021/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
PayPayで加盟店情報など最大約2008万件が流出の可能性 - アクセス権限の設定不備で
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市