Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省

経済産業省は、「地域セキュリティコミュニティ【地域SECUNITY】形成・運営のためのプラクティス集」を公開した。

地元地域においてセキュリティに関する情報の収集や相談が行える「共助」の重要性が増しているとして、セキュリティコミュニティ(地域SECUNITY)の形成を支援するため、プラクティス集を用意したもの。

コミュニティの取り組みや活動内容など、同省が調査した実例を紹介。企業や関係機関の参加促進、継続的な活動、運営の負荷の軽減、活動効果の向上など、コミュニティ形成におけるポイントなどを取りまとめた。

プラクティス集は同省ウェブサイトよりダウンロードすることが可能で、公的機関の講師派遣制度などのリストも用意している。

(Security NEXT - 2021/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目