Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省

経済産業省は、「地域セキュリティコミュニティ【地域SECUNITY】形成・運営のためのプラクティス集」を公開した。

地元地域においてセキュリティに関する情報の収集や相談が行える「共助」の重要性が増しているとして、セキュリティコミュニティ(地域SECUNITY)の形成を支援するため、プラクティス集を用意したもの。

コミュニティの取り組みや活動内容など、同省が調査した実例を紹介。企業や関係機関の参加促進、継続的な活動、運営の負荷の軽減、活動効果の向上など、コミュニティ形成におけるポイントなどを取りまとめた。

プラクティス集は同省ウェブサイトよりダウンロードすることが可能で、公的機関の講師派遣制度などのリストも用意している。

(Security NEXT - 2021/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多