Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協

サクソバンク証券より顧客情報が外部に流出した問題で、日本証券業協会は、同社をけん責処分とし、内部管理体制の構築について勧告を行った。

今回の問題は、2020年7月に同社の外部委託先が不正アクセスを受け、氏名や住所、生年月日、メールアドレスなど3万8026人分の顧客情報のほか、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど本人確認書類の画像データ750人分が流出したもの。2020年9月に関東財務局より同社に対し、業務改善命令の行政処分が行われている。

同問題において、システムにおけるリスクや外部委託先の管理に関して、十分な再発防止策が講じられていないとして、日本証券業協会は2021年2月17日付で同社をけん責処分とした。

個人情報の安全管理や外部委託先の監督といった義務を履行するため、システム上のリスクや外部委託先の管理で適切な業務運営を確保した実効ある内部管理体制の構築に取り組むよう勧告。

顧客による問い合わせや被害拡大の防止に向けた対応を実施し、再発防止策の実施状況や検証結果について書面で報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委