Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正

2月の月例セキュリティ更新により、「Microsoft Defender」の脆弱性「CVE-2021-24092」が修正された。2009年以降存在した脆弱性だという。

同脆弱性は、「Microsoft Defender」において修復を担う一部ドライバが悪意あるファイルを読み込み、権限の昇格が生じる脆弱性。「Windows 10」のほか、サポートが終了した「Windows 7」「Windows Server 2008」なども影響を受ける。共通脆弱性評価システムである「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.8」で、重要度は「重要(Important)」とレーティングされている。

脆弱性を発見したSentinelOneの研究者は、脆弱性について悪用は確認されていないが、少なくとも2009年以降にリリースされた「Windows Defender」に存在していると説明。パッチが適用されていない環境において将来攻撃にさらされる可能性があると指摘した。

マイクロソフトではアップデートをリリースしており、デフォルトの構成であれば定義ファイルと「Microsoft Malware Protection Engine」について自動で最新の状態に更新されるため、特に更新プログラムをインストール作業は必要ないとしている。

(Security NEXT - 2021/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で