Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「sudo」脆弱性、Cisco製品にも影響 - アップデートを順次公開

「sudo」に脆弱性が明らかとなった問題で、Cisco Systemsは、影響を受ける製品に対してアップデートの提供を開始している。製品によってはリリースが4月となる製品があるほか、一部製品は提供日が未定となっている。

「sudo」は、異なるユーザー権限でコマンドを実行するためのプログラム。ヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-3156」が存在し、悪用されるとroot権限を奪われるおそれがある。

同脆弱性についてCiscoでは、同社スイッチのほか、ネットワーク管理製品、コミュニケーションデバイス、クラウドサービスなど、12製品が脆弱性を受けることを明らかにしている。2製品についてはアップデートをリリース済みだが、10製品は準備中としており、一部製品では4月となるほか、「Cisco Nexus 7000シリーズ」など2月16日時点で提供予定日が未定の製品もある。

また「Cisco Connected Mobile Experiences」「Cisco Policy Suite」「Cisco Prime Infrastructure」「Cisco Mobility Unified Reporting and Analytics System」「Cisco One Platform Kit (onePK) All-in-One Virtual Machine」「Cisco UCS Director」の6製品については影響を調査中としており、今後アドバイザリを更新していく予定。

20210216_cs_001.jpg
脆弱性が含まれる製品とアップデートの提供状況。Fixバージョンが空欄となっている製品は提供日が未定となっている(表:Cisco Systems)

(Security NEXT - 2021/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応