Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分

クラウド会計サービスを展開するfreeeは、外部クラウドサービスを用いて設置していた複数の問い合わせフォームに設定の不備があり、入力された情報が外部よりアクセス可能となっていたことを明らかにした。

同社が、セールスフォース・ドットコムのクラウド営業支援サービス「Salesforce」を用いて設置していたアカウント再設定の申請フォームや、料金の問い合わせフォーム、人材募集のフォームにおいて、入力された内容が外部よりアクセスできる状態となっていたもの。

対象となるのは、2020年1月29日から2021年2月9日にかけて送信された2898件。2898件のメールアドレスのほか、送信内容によって含まれる個人情報は異なり、氏名1744件、電話番号794件などが含まれる。

また住所7件や金融機関の口座番号3件や、クレジットカード番号2件、同社以外のサービスに関するIDやパスワード2件、同社のIDやパスワード1件なども記載されていた。

権限の設定における不備が原因で、外部専門家より指摘があり、2021年2月8日22時ごろに確認した。

(Security NEXT - 2021/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
PayPayで加盟店情報など最大約2008万件が流出の可能性 - アクセス権限の設定不備で