Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォームカスタマイズ用WPプラグインに未修正の脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けプラグイン「Contact Form 7 Style」に未修正の脆弱性が判明した。修正版は公開されておらず、プラグインの公開も中止されている。

同プラグインは、フォームプラグイン「Contact Form 7」で作成されたフォームのデザインをカスタマイズする機能を提供するプラグイン。「Contact Form 7」の開発者とは異なるサードパーティが開発している。

「Contact Form 7 Style 3.1.9」および以前のバージョンにクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)およびクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が判明。同脆弱性を発見、開発者へ報告したDEFIANTは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」における脆弱性のベーススコアを「8.8」と評価している。

開発者に対しては2020年12月9日に報告が行なわれたが返答がなく、2021年1月4日にWordPressプラグインチームへ通知。その後も開発者による反応はなく、2021年2月1日に「WordPress」のプラグインサイトからも削除された。

DEFIANTでは、利用者に対して代替となるプラグインなどを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性