Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォームカスタマイズ用WPプラグインに未修正の脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けプラグイン「Contact Form 7 Style」に未修正の脆弱性が判明した。修正版は公開されておらず、プラグインの公開も中止されている。

同プラグインは、フォームプラグイン「Contact Form 7」で作成されたフォームのデザインをカスタマイズする機能を提供するプラグイン。「Contact Form 7」の開発者とは異なるサードパーティが開発している。

「Contact Form 7 Style 3.1.9」および以前のバージョンにクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)およびクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が判明。同脆弱性を発見、開発者へ報告したDEFIANTは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」における脆弱性のベーススコアを「8.8」と評価している。

開発者に対しては2020年12月9日に報告が行なわれたが返答がなく、2021年1月4日にWordPressプラグインチームへ通知。その後も開発者による反応はなく、2021年2月1日に「WordPress」のプラグインサイトからも削除された。

DEFIANTでは、利用者に対して代替となるプラグインなどを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新