Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社

不動産会社のApaman Propertyは、顧客情報含む資料を不動産事業者に対するメールへ誤って添付し、送付したことを明らかにした。

同社によれば1月28日11時ごろ、九州支社において不動産事業者に送信したメール498件に顧客情報含む資料を誤って添付するミスが発生したもの。

問題の資料には、九州支社が管理する物件の契約者392人分の氏名、契約物件名、号数、契約日などが含まれていた。

同社では誤送信から15分後に資料の削除を依頼するメールを送信。あわせて電話により削除状況の確認を進めており、2月2日の時点で497件の削除完了を確認した。

同社では、2月1日に国土交通省へ報告。関連する顧客に対し、謝罪の連絡を順次進めている。

(Security NEXT - 2021/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
電気通信事業法の届出関連文書をメールに誤添付 - 総務省
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト